雨が降っても、汗をかいても!自分で洗える木綿の着物がおすすめです

遠州縞 グリーンティーファーム

24,200円(税込)
定価:24,200円(税込)

DETAIL

着付けの知識がなくても、巻きスカートをはいて、ジャケットを羽織る感覚で、誰でも簡単に、早く、きれいに着ることができるセパレート着物です。

静岡県西部の伝統的な綿織物、今も浜松で作られている遠州綿紬で誂えました。さすがきもの地、シャッキリしなやかで、軽いです。

紺、緑、若草色の縞。静岡の、茶畑、富士山、青空の景色を思い起こさせる、さわやかな生地です。合わせる帯や小物によって、かっこよくも、女らしくも装えるきものです。

木綿の着物は、フォーマルなシーンに着ていくことはできませんが、普段のおしゃれなら季節問わずお使いいただける便利な素材。

画像では、絹で伝統的な柄、でも金糸銀糸は使われておらず、薄手で軽い帯を合わせてクラスアップしたものと、半幅帯で最もカジュアルダウンしたものをコーディネートしてみました。
同じコットンのブラウスでも、ジャケットの中に着ればビジネスシーンに、デニムのパンツに合わせれば気楽な普段着になるのと同じように、木綿の着物も合わせる帯である程度幅のある装いが可能です。

サイズは裄が約66センチ、袖丈が47.5センチ、丈はフリーですが、おおよそ身長150〜165センチ前後の方に適しています。また、お誂えの場合でも、生地幅の関係で裄は最大で68僂箸覆蠅泙后

着用適温は気温20〜30度前後を想定しています。
また、単衣仕立てですが、木綿きものには季節の決まりごとはございません。お住まいの地域の気候に合えば、何月でもお召しいただけます。


実際に生地をご覧になりたい方は、小さいですが生地サンプルを無料でお送りしています。トップページ上部のContactかこちらから、ご希望の生地の商品名等をお知らせください。

RECOMMENDED ITEM